個人事業主のウェブ(web】サイト作成に必要なもの

人事業主ウェブ(web)サイト作成に必要なものは?

個人事業主ウェブwebサイト作成に必要なもの

 

このページでは、個人事業主のウェブサイト(webサイト)作成に必要なものを、自分で作る場合外注化する場合で分けてご説明します。

 

自分でウェブサイトを作る場合に必要なもの

 

  • ウェブサイト作成ソフト・・2万円前後
  • レンタルサーバー・・年間1万円前後
  • ドメイン・・・年間1,000円前後
  • 画像素材・・・自分で撮影orプロに頼む
  • ウェブサイトを作る時間
  • ウェブサイトを運営する時間
  • 運営の勉強
  • 集客方法の勉強

 

金銭的な初期投資コストは合計3万円〜4万円、運営固定費が年間1万5千円程度と安価。
ですが、ウェブサイト作成ソフトの使い方を覚えたり、運営継続するための時間コストがかかることを忘れてはいけません。

 

外注でウェブサイトを作る場合に必要なもの

 

  • 制作依頼費・・5万円〜200万円
  • 運営管理費・・月額5,000円〜数万円
  • 制作会社への指示
  • 運営の勉強
  • 集客方法の勉強

 

制作の部分を外注化しますが、金銭的なコストはピンからキリまであります。
もし本格的に見栄えの良い集客ウェブサイトが必要な場合は、最低でも100万円以上は必要です。安いところはそれなりに理由があって、集客効果はほとんど期待できません。

 

ちなみに弊社は個人事業でありながら、自身でウェブサイトを作成・運営管理・集客をしています。(その方がコスト安だし勉強になるからです)

 

ウェブサイトを自分で作るのと外注化、どっちが良いのか?

ウェブサイト作成の自作と外注化の選択

 

では、個人事業主がウェブサイトを自分で作るのと、外注化してしまうのはどちらが良いのでしょうか?

 

この問題の答えを考える前に、まずは「自分の事業にどんなウェブサイトが必要か?」を考えましょう。

 

個人事業主のウェブサイトの種類

  • @名刺代わりのようなウェブサイト(更新必要頻度は低い)
  • A集客型のウェブサイト(更新必要頻度は高い)
  • B通販可能なカートシステムを搭載したウェブサイト(更新必要頻度は高い)

 

@名刺代わりのようなウェブサイト

名刺代わりのウェブサイト

 

名刺代わりのようなウェブサイトでは、「何をしている会社か」「社名」「アクセス」「問い合わせフォーム」の4つがあれば、とりあえず大丈夫です。

 

特に最新情報などを掲載する必要も少ないと思います。自分の足で営業して名刺を渡して、先方が「具体的にどんな会社かな」とネットで調べた時に、名刺代わりのようなウェブサイトが1つあれば、信頼性を増す目的としては役立ちます。

 

名刺と同じで更新する必要性もほとんどありませんので、ウェブサイト作成の知識が無い場合は、10万円程度の格安外注にお願いしても大丈夫でしょう。
ただし、外注の場合は運営管理費が月5,000円以上はかかりますので、毎月固定費がかかり、運営期間が長いほどコストは膨らみます。

 

もし自分で簡単なソフトを購入して作成した場合は、初期投資費3万円ほど、レンタルサーバーの固定費は年間で3,000円〜12,000円と外注よりは金銭的コストは低くなることがメリットです。
ですが、ソフトの使い方を覚える時間的コストがあることを忘れてはいけません。

 

【注意点】集客効果はほとんど期待できない

注意点としては、名刺代わりタイプのウェブサイト単体では、集客効果がほとんど期待できません。なぜなら、社名を知っている人しか検索して訪問しないからです。

 

例えばあなたがウェブサイト会社をしていて5ページほどの名刺代わりのようなサイトを作ったとします。そして誰かが、「足立区 ウェブサイト外注 お勧め」というキ−ワードでネットで調べる人がいたとします。

 

このような場合、グーグルやヤフー検索では「足立区 ウェブサイト お勧め」というキ−ワードでは4〜5ページほどの名刺代わりウェブサイトは規模もウェブサイトの力も弱いので、検索結果に表示される可能性はゼロに近いものです。

 

これを知らずに、「ウェブサイト・ホームページを立ち上げたから集客・売上が増えるかも」と思い込む事業者がいますが、大間違いです。

 

名刺代わりのウェブサイトは、あくまであなたの会社名を知っている人が読む・見るためだけのものと覚えておきましょう。

 

 

A集客型のウェブサイト

集客型ウェブサイト

 

 

ウェブサイト作成をお考えの個人事業主の皆さんは、今このように思っていませんか?

 

「スモールビジネスの個人事業主のウェブサイトだからなぁ・・・。
コストはなるべく抑えたい・・。」

 

そして、

 

「ウェブサイトの作成知識が全然無い。
今から覚えるのも運営も面倒だ。
忙しいから外注化してしまいたい。」

 

さらに、

 

「なるべく安く、できれば20万円、いや、10万円くらいで、集客のウェブサイトを外注化できないだろうか。
ネットで調べて見ると、安くやってくれる制作会社がいっぱいある・・」

 

と思っていませんか?

 

残念ですが、全ての希望を叶えてくれる方法はありません。

 

世の中簡単で美味しいビジネスは無い

よ〜く考えてみてください。

 

起業された個人事業主の皆さんなら理解されていると思いますが、この世の中、簡単で美味しいビジネスはありませんよね。

 

ましてや、売り上げに大きく関わる集客の部分において、楽で簡単に安く済ませられる方法はありません。安いものにはそれ相応の、短時間で済ませられるものには、それ相応の価値しかないのです。

 

良いものを得るには、基本的には「時間をかけるか」「お金をたくさんかけるか」です。

 

 

ですので、個人事業主の皆さんが、ウェブサイト作成における選択肢は以下の3つです。

  • @金銭的コストを抑えたいなら、自作して勉強して、沢山の時間をかける
  • Aしっかした集客ウェブサイトを作るなら、多額の金銭的コストをかける
  • B20万円程度のウェブサイト外注なら、名刺代わり程度のものしか出来上がらないと割り切る

 

1.自作して勉強して、沢山の時間をかける

金銭的なコストを安く抑えたいのであれば、