個人事業ホームページのトップページをどう作成する

ホームページの顔!トップページの設計をする

では5番目。ホームページの顔であるトップページの設計です。

 

ここは最重要です。最初に次のことを思い浮かべてください。

 

ネットで何かの情報を探している時、見たくなるホームページ、すぐ閉じてしまうホームページの2種類あると思いませんか?

 

ネット訪問者は、ヤフー等で検索し、タイトルを見てクリックした後、表示されるホームページを一瞬見ただけで「続けて見るか・見ないか」を判断しています。

 

そして、表示される多くはトップページです。検索キーワードによってはトップページ意外の場合もありますが、訪問者が最初に着陸する5割はトップページだと思って良いでしょう。

 

ゆえに、トップページはお店の玄関でもあり、設計はとても重要になってきます。

 

トップページの設計ポイント

トップページの設計ポイントの基本を5つ挙げておきます。

  • ヘッダー画像で目を引くことを意識する
  • 見やすさを心がける
  • 文字だけにせず、画像を適度に使用する
  • 訪問者がどんな情報を求めているかを考える
  • 訪問者が迷わないようにする

 

上記項目を意識して、どんなトップページにするかをノートにざっくり書いてみます。

 

もし全くイメージが浮かばないのであれば、ライバルのホームページを沢山見て参考にしてください。自分が「このホームページ見やすくて良い」と感じたものを参考にされると良いと思います。

 

他には、WEBデザインの見本帳も参考になります。プロが作ったデザインですので、これと同じようには作れませんが、画像の見せ方等は参考に出来ます。

 

ノートに設計図を描く

個人事業ホームページのトップページ

 

こうして設計ポイントを意識してノートに描き出したものが上記。(今回は仮アイデアです)

 

トップページは画像と文字の両方を適度に使うことが望ましいです。
ヤフーやグーグルは画像の情報も見ていますが、基本は文字を読み取り「何に関して、どんな情報が書かれているか」とみて検索順位に反映させています。

 

ですので、まず訪問者の目を引きホームページのイメージを付ける為のヘッダー画像、その下に文字ロゴを入れた主力製品・サービスのキャッチ画像を配置して訪問者を足止めします。

 

その下に文章で説明をし、またイメージさせやすいように画像で作成したメニューボタンを配置します。

 

そしてまた文章を配置し、一番下には2番目の主力製品画像を配置するようにしました。

 

画像作成について

ここでホームページ作成初心者が心配されるのが、「画像の作成」だと思います。

 

これは、私が紹介したホームページ作成ソフトを購入していれば全く心配はいりません。

 

基本的には自分で撮影した画像に、ソフトに付属している画像編集機能で文字やロゴを入れるだけで、そこそこの画像が出来上がります。ヘッダー画像を外注するという手もありますが、まずは自分でチャレンジしてみましょう。何回かやっていると、コツが掴めてきます。

 

バナープラスがあれば鬼に金棒!

バナープラス紹介

 

もう1つ私が強くお勧めしたいのは、バナープラスという画像ソフトです。

 

これは予めいろんな素材が組み込まれており、配置するだけでプロが作ったような画像が出来上がってしまいます。

 

年間14,700円で2PCライセンスという超低コストで作れてしまうのは大きなメリットです。外注で画像パーツをお願いした場合、ちょっとしたものでも1つ5000円〜20,000円と高コストです。

 

外注することに比べれば大した投資ではありません。できるならホームページ作成ソフト(SIRIUS)と一緒にバナープラスも申し込んでおきましょう。これで準備するものは何も必要無くなります。

 

訪問者は文字よりも画像でイメージを膨らませやすいのです。しっかりした画像を配置することで、ホームページへの滞在時間も長くなり、ヤフーやグーグルへの評価も高くなるのです。

 

設計完了!

これで大体の設計は完了しました!

 

設計さえきっちりできていれば、あとはホームページ作成ソフトの使い方を覚えて、設計の通りに作っていくだけです。

 

設計が出来ていない段階でホームページを作ろうとすると、「何からやればいいいのか分からない」「ホームページってどう作るんだ?」ということになり、挫折しやすくなるのです。

 

目標とゴールになる設計さえ出来ていれば、ホームページを作っていく上で迷うことが無くなり、作成がスムーズに進みます。

 

ですので、設計はきっちり行いましょう。例え10ページ程度のホームページであれ、設計には1週間〜2週間以上かけても良いくらいです。しっかりリサーチして、ライバルのホームページを見たりしていると、これくらいの時間はかかってしまうものです。

 

最初は慣れなくて、分からないことだらけだと思います。投げ出したくなるかもしれませんが、これを乗り越えなければビジネスの成功は無いと思った方が良いと思います。

 

私の好きな柳井正さんの言葉をシェアしておきます。

 


 

次のステップ

Eホームページ作成からアップロード